吹替の流れ

お見積り


お客様からいただいたコンテンツの内容・固定声優などを調査し、作品の内容と御予算を勘案して、 ディレクター・翻訳家・スタジオ及び技術スタッフなどの候補をご案内、 また、予算と納期を提案させていただきます。




ご発注時


素材の到着予定日、納品物の種類を確認し、それを元にアフレコやダビングの細かな日程調整を行って、 制作チーム及びスタジオの予定を確定させます。




素材到着時


アフレコ等のスタジオ作業に必要な素材が揃っているか、素材として利用可能かといったチェック項目を 技術スタッフを交えて確認いたします。 また、スクリプトが届き次第、吹替台本・字幕への翻訳を進めていきます。




翻訳完了


ディレクターと制作担当者は、翻訳家が作成した原稿を、演出上の問題や 専門用語の誤訳がないかといった点のチェックを行った後、 吹替台本を作成します。




最終キャスティング


完成した吹替台本を基に、それぞれのキャラクターに適した声優をキャスティングします。




アフレコ


アフレコ現場では、ディレクターが声優への演技指導を行いつつ、それ以外の制作メンバーも セリフの収録漏れや、言い間違えがないかをチェックします。
その他、声優・ディレクター・翻訳家の権利処理に必要となる契約書類の署名手続きを行ったり、 アフレコ時の急なセリフ変更があった場合は、台本に修正を加えます。




セリフ合わせ・整音作業


リップシンクの調節や、ノイズの削除、オリジナル版の雰囲気を再現した整音作業を、技術スタッフが行います。




ダビング・ミックス


技術スタッフが編集したセリフと、元の音楽や効果音をミックスして、納品データを作成します。 この際、演出的な観点からだけではなく、納品物に求められる放送規格やデータ形式を考慮して、 納品データを作成します。




クオリティーチェック


後日、映像と吹替音声のリップシンクが取れているか、自然に聞こえるか等の最終チェックを行います。
問題があれば、修正を加え、吹替版を完成させます。




納品


完成した音声ファイル及び、書類(契約書や用語集など)を お客様ご指定のファイル形式に変換して納品をいたします。





41th anniversary of founding